RZ250 トップページ > RZ250 > Meintenance

RZ250 (2008/08)
ドライブチェーン交換

実はRZ250のドライブチェーンはいつ交換した品が装着されているのか覚えていないくらいに古い。
一つだけ覚えているのは上野バイク街でD'sが営業しており、そこの1階で買ったということだけだ。(つまり2002年以降は確実に交換していないということだ)
交換時の正確な記憶がないくらいに古いことや、走行中にチェーンからジャラジャラした音が派手に聞こえてくるようになったので交換することにした。
今回はネット通販で5000円という価格の品を適当に頼んだが、届いた品はKISSのOリング付きの530チェーンで色はゴールド、今まで装着していたチェーンははDIDの製品でOリング付きではない安物だったはずだ。

交換作業はお盆休みに突入した初日の土曜の昼から、既に気温は「暑い!」と実感できるほどに上昇している。
数年ぶりにチェーンカッターを持ち出してコマ数を調整、張り具合を調整した後にセンスタ掛けのままリアホイールを回転させると実に静かに回転してくれる、これが普通なんだろう。
あとはチェーンの慣らしがてらに大人しい運転を少し行って張り具合の確認をすれば作業終了だ。

チェーン交換が終了したところで前回作業の宿題でもあった予備右マフラーの気になる排気音を調査。
どうもフランジ部分とサイレンサーの奥の隔壁内部からカンカンというかキンキンというか気になる音が響く。
フランジ部分の音は単にフランジガスケットを新品に交換していないことが原因と思われるのでストックしてあった新品ガスケットに交換、仮装着してエンジンを始動させると気になっていた音が消えた。
しかし、隔壁内部のキンキンした音は相変わらず聞こえるので試験的にストックしてあった新品サイレンサに交換してみたが交換前と変わらぬ音が聞こえる。
3000rpmあたりから内部で金属と金属がぶつかり震え合うような音が響くので、隔壁のサイレンサ受け口が摩耗して広がってしまっているのか、または隔壁そのものの溶接が剥がれかかるなどして音を出しているのかもしれない。
サイレンサーと隔壁の間に余計な隙間が広がっているのであれば、サイレンサー側にアルミテープでも巻いてテスト(継続使用は不可能だと思われる…)するくらいしかアイデアが無いが、どちらにしても長期使用に向かないので右マフラーは中古品を入手して交換してしまうのが精神衛生上は良さそうだ。
今回はサイレンサも元に戻して現状のまま妥協することにした。


トップページ > RZ250 > Meintenance
SSC HomePage