RZ250 トップページ > RZ250 > Meintenance

RZ250 (2006/06)
ハンドルグリップ周りをノーマルに戻す

ノーマルのスタイルを維持しているとは言いつつも、ハンドルスイッチとグリップに関係する箇所は純正品ではないアフターマーケットパーツを着用していた。

入手元は現在のように廃墟化が進んでいる状態ではなくバブル期のバイクブームの空気を強く残す1997年の上野バイク街、(良くも悪くも様々な意味で)中心的というか代表的な存在のコーリン純正パーツ店、それもRZ専用コーナーがー設けられていたフロアで、キジマ製と思われるOW-1風ライトスイッチキットとグリップを購入した。
アクセルワイヤーは純正が流用可能、交換時に必要な作業はハンドルスイッチに関係したコネクタの配線変更のみ。(OW-1風スイッチキットにコネクタは付属しておらず、店内に吊されていたコネクタを同時に購入し、自分で配線を変更した記憶がある)
ゴムグリップも純正のものより一回り太い為にハンドルを握ったときの感触は向上するのは確かで、購入の動機は本当のレースパーツであるハイスロットルには程遠いものの、純正スロットルの「スーパーロースロットル」と命名したくなるほどアクセル開度が大きいスロットルからハイスロ気味に開度が小さくなる程度だった。(まぁ当時は頭の中が少しだけ若かった厨二病状態だったってコトでしょう)

21世紀に入ってからはノーマル状態をどれだけ維持できるかが命題になってきたこともあってハンドル周りをノーマルに戻すべく細々したパーツが保管されているダンボールをひっくり返して純正ハンドルスイッチ周りを発掘、元に戻すための交換を実施することにした。

OW-01風スイッチを取り付けるときはコネクタ周りの配線を合わせる必要があったのでテスター片手にあれこれと時間をかけて配線していたが、ノーマルに戻すのであれば手順は簡単、アフターパーツを外して純正パーツを装着するだけだ。
グリップのゴムも接着剤は一切使用せず、ワイヤーで固定していただけなので簡単に取り外すことができ、30分もかからず交換作業は終了した


発掘された純正パーツ

元は1987年に入手した1982年製のRZ250パーツ。
右ハンドルスイッチは一時期メーカー欠品状態だったが、再生産が行われたのか2006年現在では新品が入手可能なようだ。
今回は手軽にストックパーツを使用することにした。


ノーマルに戻されたハンドルスイッチ周り(右)

特別な点は何もなく、ごく普通の状態に戻っただけ。
個人的にはピカピカの新品パーツもいいけど、自分で使っていたパーツに戻るのは悪い気分ではない。
このパーツに対して今後はどの程度まで年季を入れることが出来るのだろうか?


ノーマルに戻されたハンドルスイッチ周り(左)

左ハンドルスイッチはアフターパーツに交換せず、そのまま使用していたのでグリップのゴムを交換しただけだ。
今となってはレトロな感覚のデザインが逆に良いと思う。

これで作業終了のはずだったが…

ハンドルグリップ周りを交換して作業は終了の予定だった。
しかし、ハンドルスイッチの配線の先、コネクタはガソリンタンクの下となっていたので作業上はガソリンタンクを外さなければならない。
そのタンクを取り付ける前にエアクリーナーボックスが目に入り、エアクリーナーエレメントの確認を久しく行っていないと思いボックスカバーを開けたところ…

orz ヤッチマッタ...エレメントのスポンジが風化して欠落している…
噂にはよく聞いていたが、自分がヤッてしまうと正直なところヘコんでしまう。思い返せば最近は高回転時のエンジンフィーリングが何となく嫌な感じだと思っていたし、音も「あれ?こんな音だったかなぁ…」と少しだけだが疑問に思う瞬間もあった。
そりゃエレメントが無い状態だったら音も変わるし、ノーマルチャンバーと言えども一定の回転域に変化が出ても不思議ではない。何よりもメインテナンスしていなかった自分に対して一番ヘコむ要素の方が大きいが…

欠けたスポンジはキャブレターを通過して、リードバルブを無理矢理に通過しシリンダで真っ黒コゲになってチャンバー内部のサイレンサーで揉まれ、とっくの昔に大気へ放出されたか…それとも機関内のどこかに燃えカスとして今も残っているのか…どちらにしても今度の週末はシリンダ以外のパーツをチェックする必要がありそうだ。(シリンダは前後のパーツを外して内部を点検する予定、クランク?クランクは…(゚ε゚)キニシナイ!! )

とりあえず、装着するエアクリーナーエレメントを用意する必要があるのでNap's練馬店へ走るかどうか考えたが(この店はRZのエアクリなーエレメントを置いてある確率が高く、購入したことはないが良く見かけた)、今回は他にも発注したいパーツがあったので亜光産業のページから通販で調達することにした。
同じように長期間、手を入れていないハンドルステムベアリング周りも作業を行いたいから…
上手くいけば週末には作業できるかもしれないが、この梅雨模様では雨の可能性もあるので再来週に時間を確保し、他の部分も含めてじっくりと作業するのが良いのかもしれない。


トップページ > RZ250 > Meintenance
SSC HomePage