RZ250 トップページ > RZ250 > Meintenance

RZ250 (2004/08)
テールランプをLED化

20年以上経過した電装故か、夜の信号待ちなどでヘッドライトを点灯させたままウィンカーを点滅させるとアイドリング回転が1500rpm以下ではウィンカーが点灯したままとなってしまうため、消費電力の軽減を狙ってRZ250のテールランプをLED化した。
GPZ900RではLEDユニットを自作したが、今回は既製品のLEDバルブを使用。
ノーマルの電球と交換するだけの品だったが、RZ250にはテールランプの球切れをチェックする機構が装備されており、そのまま装着すると以下の事象が発生する。

1)ライトをOFFにしてもテールランプが淡く光る
2)メーターボックスの玉切れランプが点等しっぱなし

上記2点の問題を解決するには若干の配線変更が必要だった。
それ以外は必要にして十分、手軽さを考えたら自作するのは時間と金の浪費とも思えるくらいに簡単だった。

詳しくはこちら → RZ250のテールランプをLED化


使用したM&Hマツシマの超高輝度LEDバルブ L713R&W
W球だがライセンスランプ用に白色LEDが2個ついており、ナンバープレートの方向を向いて横を照らすようになっている。(画像の中央、黒いボンドのようなものが付着しているのがナンバー用白色LED)

RZ250のテールランプに装着した状態。
LED部の直径がノーマルの電球よりも大きいので反射板に接触しないか危惧されたが、難の問題も無しに装着できた。

ライトをONにして尾灯を点灯させた状態。
RZ250のテールユニットに使用されている反射板はメッキ加工されて鏡面っぽくなっているのでLEDの淡い光をかなり反射してくれる。

ブレーキランプを点灯させた状態。
ノーマルの電球と比べたら光の全体量は少ないように見えるが、真後ろにまわって見ると直進製の強いLEDの光でブレーキランプの点灯がはっきり分かると思われるレベルだった。
願わくば、もう少し明るいLEDのほうが安心感が出るだろう。

トップページ > RZ250 > Meintenance
SSC HomePage