RZ250 トップページ > RZ250 > Meintenance

RZ250 (2000/01)
RZ4個1化作業 其ノ三

[エンジン始動まで]

先週、クランクを移してフレームに載せたところで作業を中断していたRZ250のエンジンを始動させるのに必要な作業を実施。
ラジエターや電気配線それにマフラーとキャブレターなどを装着、1月の寒さが身にしみるがメインの作業であるフレームへのエンジン搭載をを完了してしまうと残りの作業は気楽に行える。

水・オイルを入れて各部を最終チェックし、イグニッションキーをON、キックスタータペダルに足をかけてキック数発、無事にエンジンに火が入る。
ただ…ミッションケースからはカラカラした耳につく音が出ており、わざわざクランクを載せ換えた作業が期待した程の効果は得られないと言う結果に終わる。
この気になる音そのものは以前から出ていたのか記憶にないものの、音そのものは今すぐに壊れるような危機感がある音ではないので対策は今後の課題とした。
この時点でメーター周りやスロットルグリップ関係は1987年入手のRZ250パーツを利用していることから、移植元のRZ250より該当パーツを移して完了の予定だ。


トップページ > RZ250 > Meintenance
SSC HomePage