RZ250 トップページ > RZ250 > Meintenance

RZ250 (2000/01)
RZ4個1化作業 其ノ一

[Fブレーキのダブルディスク化]

1987年に入手してからノーマルの状態を保ってきたRZ250だが、場所が手狭になってきたことやもう一台のRZも車体がかなり痛んできた要因もあって、当初避けていた合体作業を行うことにした。
シフトチェンジシャフトのオイル漏れが再発しているのとGPZ900Rの購入により遠出も可能な足が確保出来たこともあり、簡単なオーバーホールも兼ねて行うことにした。

手始めはシングルディスクブレーキのダブル化。
今までメインとして乗っていたRZからブレーキを移植する予定だったが、実走5万キロ近いディスクプレートはすり減っており、部品取りとして残しておいたプレートを使用した。
ブレーキキャリパやマスターシリンダは乗っていたメイン使用のRZから移植する予定。

今回は時間の関係などもあり、ディスクプレートのみとしてキャリパーなどは次回へ。


部品取り用に保管していたRZ350の前輪、このディスクプレートを使用。
装着されているタイヤがバトラックスBT-11なのが時代を感じる。

左側は外した状態そのままのディスクプレート。
内周に錆が出ていたりと見栄え的に宜しくないので金属クリーナー等で磨くと右側のプレートのようになる。

金属クリーナー等を水で洗い流した所。
濡れているのでものすごく綺麗に見えるが、乾いてしまうと内周の黒塗装のツヤが無くなりガッカリ感増大。(塗装すればいいんだけどね)

RZ250へ磨いたディスクプレートを装着。
ブレーキキャリパ・マスターシリンダ・ホース類を装着していないので、このままではダブルディスクとしては機能しない。
それらの作業は次回へ。

トップページ > RZ250 > Meintenance
SSC HomePage