RZ250 トップページ > RZ250 > Meintenance

RZ250 (1999/8)
アイシング

少々季節があわないのだが…アイシングにも似た症状が出ている。
エンジンを始動してしばらくはアクセルを開けた分だけ回転数が上がったままになってしまい、軽くアクセルを煽るとアイドリング回転数まで針がスッと落ちるのだ。
エンジンが暖まり、熱気がモワモワとタンクを挟んで感じる頃にRZを停止させ10分ほどしてから再始動すると今度は回転がひっかからない…と思っていたがやはり出る。
冬場のアイシング(気温も地表ではとっくに氷点下近い温度になっている時期)ではエンジンの熱をキャブレターに伝えてやれば解決されたのだが今回は症状変化せず、しかもアクセル全開などのラフな操作時にキッチリと出てくれる有り難くないシロモノだ。
スロットルバルブに引っかかり対策用に黒の塗装が施された物を使用しているが、それも塗装が部分的に剥げてきているので本来ならバルブをアッセンブリで交換なのだろう。


トップページ > RZ250 > Meintenance
SSC HomePage