RZ250 トップページ > RZ250 > Meintenance

RZ250 (1999/6)
不調エンジンへ別エンジンのシリンダ装着

ボーリング加工にとバイク屋に出している予備シリンダだが、純正のオーバーサイズピストンが入荷する気配がやはり無い。
早ければ梅雨明け頃、遅ければ秋の頃に部品が入荷するとみて腰上を外していた状態のエンジンへ、細かい傷は見受けられるが残してあったシリンダを組み上げて自走できるようにした。
それでも少しでも良い状態にはしたいのが人情と新品のピストンリングにベース・ヘッドパッキンを揃え、組み付け前に腰下と腰上のパッキングのカスを丁寧に取り、接合部を軽く磨き何も工夫を考えずに基本通りに丁寧に組み付けた。
トルクレンチでシリンダヘッドを締め付けた頃は例によって既に夜。
キャブ・ノーマルチャンバーをセットし、エンジンがアイドリングするのを確認すると近くの24時間営業のガソリンスタンドまで3000rpmまでの回転域で走りガソリンを補給して自宅へと戻った。
深夜に慣らし運転をと考えていたが生憎と雨が降ってきてしまい慣らし運転は来週以降になってしまった。
シリンダのボーリングが完了するまではエンジン本体に関してはこのままということにする予定だ。


トップページ > RZ250 > Meintenance
SSC HomePage