RZ250 トップページ > RZ250 > Meintenance

RZ250 (1999/4)
腰上オーバーホール

今年も長野へ泊まりでツーリングに行く事になり、不調な状態が続くとは言え走れないことはないエンジンを搭載したをRZで行くことにした。
しかし、現在組み付けているピストンが抱き付きを起こした時のものを使用しているので、念のために純正のノーマルピストンと交換することに。
また、エンジン不調の原因がわからないままだが、リードバルブも車体入手時のものを使用していることから腰上消耗品と一緒に新品パーツで取り寄せた。
個人的な推測では高回転域までしっかり周り、力も出ていることからリードバルブなどの吸気系ではなく排気系か燃焼系と睨んでいるのだが…やれることから手を付けるしかない。

新品のSTDピストン左右、それにピストンリング、ピストンピン、ピストンピンクリップ、ガスケットなどが一式揃っているのを確認して夕方から作業を開始したが、簡単な腰上OHなので深夜になる前にシリンダヘッドの増し締めまで到達。
エンジンが正常にアイドリングするのを確認してこの日の作業終了。
リングの慣らし作業が残っているが、長野へのツーリングは4月の終わりのゴールデンウィーク始めなので2週間ほどの時間があることから問題ないだろうと推測している。
このツーリングから戻ってきたら不調解決の為の作戦を練るとしよう。


分解中、腰上OHの場合はラジエタを外さずに作業できるので楽だ

新品のSTDピストン
一応は消耗品なので、これも念のために交換しておく

トップページ > RZ250 > Meintenance
SSC HomePage