RZ250 トップページ > RZ250 > Meintenance

RZ250 (1998/2)
コワースバックステップ改修

3個1で組み上げたRZにはコワースのバックステップを装着している。
このバックステップのチェンジシャフト部が純正のシフトと比較するとイマイチがっちりとかみ合わずにグラグラしていた。
何かと不便&ブーツのシフトペダル接触部もタッチが悪い故に不要な力を入れるのでボロボロになってきているので、純正のシフトリンクとの合体を試みた。
まずは不快感の原因となっているコワースのチェンジシャフトブラケットを外し、純正のブラケットを装着、リンクアームとの仮あわせをするが…ネジがオス・メス逆になっている。
純正のブラケットはメスネジ、コワースのブラケットはオスネジだ。
リンクアームは純正のが既に短い理由から使えない、というコトで単なるオス・オスのボルトを1本用意すればOKということで、サビてしまい使わないで残して置いた純正のノーマルリンクのジョイントを金ノコで切断、ネジ山を切っている部分だけを取り出し、切断分のバリを取ってネジ溝を切り直す。
無事に純正のブラケットとコワースのリンクアーム部とのジョイントになった。
更に手を加えた(手を加えると言うほどのものではないが)箇所に、純正のブラケットのピロベアリング部がエンジンの振動でカチャカチャと五月蝿いのでピロボール部を普通のヒモを軽くまわして振動を押さえる対処とした。振動はステップ側のベアリングもクリアランスが大きいコトによるものと思われる。(見た目はあまり良くないので誉められた対処ではないと思う)

改修が完了したシフトペダル周り

シャフトの部分の黒いゴムまでが純正部品

トップページ > RZ250 > Meintenance
SSC HomePage