[GPZ900R] トップページ > GPZ900R > Meintenance

GPZ900R (2008/05)
フロントカウル修理

話は1ヶ月ほど前に遡るが、ゴールデンウィークの平湯キャンプツーリングの途中でGPZ900Rのフロントカウルに装着されている右ウインカーがグラついていることに気が付いた。
いやーな予感が脳裏を過ぎるがキャンプ場に着いてウインカーをチェックすると予感通り大昔の立ちゴケのショックがボディブローのように効いたのかフロントカウルの根本部分が割れてしまっていた。
このままではどうしようもないのでバイクに積んであったロックワイヤー1mを引っ張り出してウインカーが下に垂れてしまわないようにバックミラーから引っ張り上げて応急処置完了。
そのまま長野道・中央道と走ってきたが途中でブラブラすることなく自宅まで無事到着。
本来ならすぐに修理したいところだが、連休明け直後から出張ということで放置プレイ。

連休終了直後からちょいと中華な国へ短期出張(と言っても13日間だが…)となったので修理を延期していたが、金曜の夜に補修材を入手したので土曜日に修理着手した。
雨が降り続く午前中にガレージでGPZ900Rのフロントカウルを倒して割れたカウル部分をチェックすると画像の通り定番とも言える見事な欠けっぷり、幸いなことは割れたパーツは粉砕せずに1個の破片として存在していることから修理は比較的簡単な部類だろうと思われる。
接合部分を脱脂し、2液化合タイプのパテ状接着剤を塗り込んで割れた破片を組み合わせて乾燥時間+α経過。

見た目的には割れたパーツがしっかり固着していると思われる。
この後さらに数時間放置した後に塗装し、ウインカーを取り付けて作業終了。
今回は補修材に20分ほどで硬化する化合タイプのパテ状接着剤を使用したが、本来ならプラリペアを使う予定だった。
プラリペアのホームページではハンズで取り扱いがあるとなっていたので渋谷ハンズに出向いたが店頭に品物は無く、店員に尋ねても取り寄せになると言われて結局入手できず。
やはりネット通販で確実に入手するのが現在は良策となっているようだ。
今回の補修箇所が走行振動で破断する恐れがあるが、とりあえずこのまま様子見するつもりだ。


トップページ > GPZ900R > Meintenance
SSC HomePage