[GPZ900R] トップページ > GPZ900R > Meintenance

GPZ900R (2004/04)
点火不良

4月の終わりに仲間とツーリングに出るべくGPZ900Rにて早朝出発したが、どうもアクセルのツキが悪い。
どうも4発あるシリンダの1発が死にかけているようだ。
プラグがカブるという症状は今まで無かったが、ここ最近はプラグ交換もサボっていたので少しだけ走り、様子を見た。
R254を環七まで進むが状況は良くも悪くもならない、たま〜に4発全部点火するが、あとは3発程度の着火。
納車直後の夏にイグナイタ不良で点火不良を経験しているので、「またか!」と思ったが今回は時間の経過で変化無し。
今回のツーリングには使えないと判断して自宅に戻り、RZ250にて出かけた。

ツーリングから戻る時にNAP'S練馬店で新品のプラグを4本買い、次の週末にプラグを交換しようとした。
と こ ろ が 、2番シリンダのプラグキャップを外したところ何故か手にぺっとりとオイルが付く。
1番・3番・4番シリンダのプラグキャップはオイルが付着していない。
2番プラグホールをライトで照らしてみると油深5mmほどのオイルプールが…
点火不良の原因は、シリンダヘッドのプラグホールシールが劣化してプラグホールにオイルが溜まり、着火電流のリークを起こしていたようだ。

取り外した4本のプラグ 取り外したプラグ、左から1番、2番と並ぶ。

念のためにプラグを4本とも交換すべく取り外したが、中心部の電極が焼け気味ではあるが異常は見られない。
プラグを装着後に自宅の周りを試走するが点火不良は発生せず、とりあえずの処置は完了。
プラグホールシールは5月のGW連休明けに発注予定。

タンクをはずされたGPZ900R


トップページ > GPZ900R > Meintenance
SSC HomePage